福井国体 高校野球の出場校や組み合わせ日程は?2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野球

今年(2018年)は福井県で開催される国体(第73回国民体育大会・福井しあわせ元気国体)。

国体の高校硬式野球部門は9月30日(日)に開幕します。

 

100回記念の夏の甲子園を沸かせた高校球児、3年生にとっては正真正銘最後の大会となります。

 

春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭の「高校三冠」が最大の注目点。
また、金足農業のユニフォームでの吉田輝星を観られるラストチャンスでもあります。

 

出場校や日程、組み合わせについてまとめました。

スポンサーリンク

福井国体 高校野球 2018 開催期間

2018年9月30日(日)~10月3日(水)の4日間

福井国体 高校野球 会場・アクセス

福井県営野球場(福井フェニックススタジアム)

開催期間中の全試合が福井県営野球場で行われます。

福井フェニックススタジアム
〒918-8073 福井県福井市安田町14-1

  • フィールド:両翼100m、センター122m
  • 収容人数:1万人
  • スタンド:内野席は全席一人がけのイス席

福井国体 高校野球 チケット・入場券入手方法

チケット・入場券は当日券のみ、前売り券なし

  • 一般 500円
  • 高校生 100円
  • 中学生以下 無料
  • 障害者手帳をお持ちの方 無料

チケット・入場券の販売開始時間

  • 9月30日(日)1回戦 6:45
  • 10月1日(月)2回戦 7:30
  • 10月2日(火)準決勝 9:00
  • 10月3日(水)決勝 9:00

福井国体 高校野球 出場校一覧

2018年福井国体、高校硬式野球の参加校は12校。

夏の甲子園ベスト8チームや、国体開催県などから選抜されたチームが優勝を争います。

  • 金足農(秋田)
  • 浦和学院(埼玉)
  • 日大三(東京)
  • 高岡商(富山)
  • 常葉大菊川(静岡)
  • 近江(滋賀)
  • 大阪桐蔭(大阪)
  • 報徳学園(兵庫)
  • 下関国際(山口)
  • 済美(愛媛)
  • 高知商(高知)
  • 敦賀気比(福井・開催地)

なお、国体の高校硬式野球は、都道府県対抗で行われる国体の正式競技とは別枠の「特別競技」としての扱いです。

もうひとつ軟式野球大会も行われ、こちらは正式競技となっています。

福井国体 高校野球 組み合わせトーナメント表

トーナメント表

福井国体 高校野球 全日程

第1日:9月30日(日)(1回戦)

  • 08:30 下関国際-大阪桐蔭(A)
  • 11:00 高岡商業-済美(B)
  • 13:30 敦賀気比-日大三(C)
  • 16:00 高知商業-近江(D)

第2日:10月1日(月)(2回戦)

  • 08:30 浦和学院-報徳学園
  • 11:00 金足農業-常葉大菊川
  • 13:30【1回戦Aの勝者】-【1回戦Bの勝者】
  • 16:00【1回戦Cの勝者】-【1回戦Dの勝者】

第3日:10月2日(火)(準決勝)

  • 10:00 準決勝第一試合
  • 13:00 準決勝第二試合

第4日:10月3日(水)(決勝)

  • 10:00 開始

福井国体 高校野球 2018 試合規定・ルール

  • トーナメントで3位決定戦はなし
  • コールドゲームあり(5回終了時10点差、7回終了時7点差)
  • 9回終了時同点の場合はタイブレークを採用
  • ただし決勝戦はタイブレークを採用せず両校優勝

福井国体 高校野球のテレビ放送・ネット中継は?

現時点ではテレビ放送は予定されていません。おそらくないでしょう。

しかし、ありがたいことにバーチャル高校野球が、準決勝以降の3試合をネット中継してくれます。

 

⇒バーチャル高校野球

 

移動中のスマホでも観られるので嬉しい限り!バーチャル高校野球さんありがとう!

大阪桐蔭、国体制覇で「高校三冠」なるか?

毎年熱いドラマが生まれる夏の甲子園。

そのなかでも100回記念の今年は後々まで語り継がれそうな好試合、逆転劇などが特に多かったですね。

 

その頂点を極めプレッシャーをはねのけて春夏連覇を果たした大阪桐蔭。

3年生にとって最後の大会となる国体で、大阪桐蔭の高校野球三冠なるか?

 

他のチームも、このままやられっぱなしでは終わりたくない。

「最強」大阪桐蔭に最後に一泡吹かせてやるくらいの気概でぶつかってほしいですね!

 

なにより、もう台風はこないでくれ・・・!

 

国体は雨天中止で再試合なしで終了となります。

ここ10年くらいは大型台風が増えた影響もあってか、台風で大会が途中で終わるケースが多いです。

それはさすがに寂しいので、秋の好天の下、全試合好試合になることを祈ってます。

 

ちなみに「右のスラッガータイプ」が好きな筆者としては、近江の北村恵吾君や花咲徳栄の野村佑希君らの打棒に期待しています。

国体 高校野球 歴代優勝チーム

戦後すぐの1946年から行われている国体の高校硬式野球大会。

ここでは2010年以降の歴代優勝・準優勝チームを紹介します。

西暦 開催地 優勝校 準優勝校 メモ
2010 千葉 優勝校無し 雨天で大会途中中止
2011 山口 日大三(東京) 習志野(千葉)
2012 岐阜 大阪桐蔭(大阪) 仙台育英(宮城) 雨天で決勝中止
2013 東京 大阪桐蔭(大阪) 修徳(東京) 引き分け両校優勝
2014 長崎 明徳義塾(高知) 健大高崎(群馬)
2015 和歌山 東海大相模(神奈川) 中京大中京(愛知)
2016 岩手 履正社(大阪) 広島新庄(広島)
2017 愛媛 広陵(広島) 大阪桐蔭(大阪)
2018 福井  —

 

過去に高校野球三冠を達成したチーム

1979年 箕島高校(和歌山)

夏の甲子園で星陵高校と延長18回の死闘を繰り広げた伝説のチーム。

この年箕島高校は甲子園春夏連覇を果たしています。

ただし国体は台風の影響で準決勝以降が行われず4校優勝。

1998年 横浜高校(神奈川)

“平成の怪物”松坂大輔を擁した横浜高校。

三冠どころか前年秋の明治神宮野球大会も制し四冠を達成。

公式戦1年間無敗という、名実ともに「最強」チーム。

 

  • ちなみに明治神宮野球大会は11月に開催され、3年生は参加せず1、2年生による新チームでの大会。

2012年 大阪桐蔭(大阪)

ただし、この年は決勝戦が台風で中止となったため、仙台育英と両校優勝。

上の通り、記録上は3校が三冠を獲得しているものの、1979年の簑島と2012年の大阪桐蔭は国体では決勝戦が行われていません。

さいごに

甲子園に比べると国体への注目度は下がります。

でもね・・・野球をやる季節としては一番いいと思うんですよ。

参加校も12校なので日程にも無理がないし、選手への体力的な負荷は夏の甲子園に比べるとずいぶん低いはずです。

 

点差によるコールドゲームやタイブレーク制度も導入されており、選手達に過酷すぎる甲子園大会に比べ合理的なルールが設けられているところが個人的には好感です。

決勝もタイブレークを用いないというところなどは「えっ」とも思いますが、勝敗よりも教育の一環という信条の現れと受け止めればなるほど筋が通ってます。

 

まあさすがに決勝は白黒つけたらえんじゃないかとも思いますけどね!(笑)

 

すでに新チームが稼働しており、三年生は練習ペースを落としている者も多いため、甲子園ほどの真剣勝負は望めない国体の高校野球。

しかし、大阪桐蔭はおそらく別で、松坂の横浜高校以来の「真の三冠」目指してガチンコでやってきそうな気配がします。いや、くるでしょう。

 

大阪桐蔭の西谷監督も次のようにコメントしています。

「卒業まで、まだまだ成長できるチャンスがある。うまく休養を取らせながら、国体もしっかりやりたい」

 

幸いに準決勝、決勝ではバーチャル高校野球でのネット中継もみられます。

 

後々まで語り草になりそうなこの世代の高校球児としての最後の勇姿。

ぜひこの目で見届けましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。