カンブリア宮殿 メゾンカイザー創業者は木村屋の息子だった!9/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メゾンカイザーのパン

9月27日のカンブリア宮殿で紹介されたメゾンカイザーという会社が紹介されます。

メゾンカイザーは、本場の製法を忠実に守って人気を博しているというフランスパンの専門店さんです。

ここの創業社長の木村周一郎という人は、なんとあの「木村屋」の跡取り(になるはずだった)息子なんだそうです。

 

木村屋の創業は明治2年(1869年)。今年で149年目を迎える老舗中の老舗。

いったいなぜ、後を継がずにパン屋をはじめたのか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

メゾンカイザー社長木村周一郎氏のプロフィール

木村屋の跡取り息子として生を受けた周一郎氏。

1969年東京生まれ。今年

幼稚園から大学まで慶応で、小学生のころから銀座が遊び場、庭だったそう。

絵にかいたような日本のエスタブリッシュメントですね。

 

大学卒業後、生命保険会社で数年勤めたのち、渡米。

アメリカで最先端の科学によるパン作りを研究。そしてその後、フランスへと渡ります。

 

フランスでは、エリックカイザーというパン職人に弟子入り。

 

現地の職人でさえ敬遠するという厳しい修行を積みます。

スポンサーリンク

エリックカイザー氏のもとで修業し、パン屋創業へ

このエリックカイザーという人物。

「50年に一人の天才」と呼ばれるほどのパン作りの名人。

 

昔ながらの天然酵母を活かしたパン作りを復活させ、パリのパン業界に衝撃を与えた偉大な人なのだそうです。

 

周一郎氏は、このエリックカイザー氏からの薫陶を受け、パン作りの魅力に取りつかれた模様。

エリックカイザー氏からの提案もあり、日本で会社を立ち上げ、本場のパンの味を広めることを決意します。

 
創業にあたっては、木村屋の援助は一切受けなかったそう。

ただし、30歳前後とまだ若く、銀行からの融資も難しかったため、伯母にあたる方から開業資金の助力はえたようです。

それでもその借りたお金はしっかり利子をつけて返済したそうですよ。

 

前述の幼少期のエピソードを聞くと、いかにも良家のおぼっちゃんという印象をもってしまいます。

でも、映像や写真をみたり、修業時代からの苦労を聞くにつけ、ガッツあふれるラガーマンのような雰囲気の人です。

笑顔が人懐っこくて、人を引き付ける魅力がありますね。

スポンサーリンク

木村屋とは確執もあった?

ただ、某ビジネス情報系サイトでは、周一郎氏がパン屋を創業した理由には、木村屋の親族との確執も一因だったという記事も目にしました。

参照:https://biz-journal.jp/2015/02/post_9008.html

 

それがどんなもめごとだったのか、またそもそも真偽のほども不明です。

 

そして現在の木村屋を率いているのは、木村光伯社長。

28歳のとき、父親が急に体調を崩したのが理由で急きょ20代にして社長を継ぐことになったのだそう。

 

あれ?

 

ということは、光伯氏は周一郎氏の弟なのかな?

と思いましたが、二人は「いとこ」の関係だそう。

 

ちょっとそのあたりの親子、親族関係は詳しいところはよくわかりません。

 

ただ、木村屋自体は現在なかなか経営が厳しい状況にあり、一部では周一郎氏を社長として招こうという動きもあるのだそう。

 

変化の激しい現代、老舗企業というのもなかなか大変ですね。

 

木村屋のあんぱんは、私ももちろん子供のころからずっとお世話になっている懐かしい味。

これからもずっとあのあんぱんが、味が、子や孫の代まで続いていってほしいです。

メゾンカイザーのパン、買ってみた!

調べているうちになんだか食べてみたくなり、帰宅途中にメゾンカイザーの東京大丸店でパンを買いました!

明日の放送後はしばらく混雑や行列になるかもしれないので、前倒しの購入です(笑)

 

買ったのは、クロワッサンと食パンとバゲット。

この記事の一番上の載せているのがその写真です。

 

本場の作り方にこだわっているということで、それなりのお値段がするのかなと思ってましたが、そうでもありません。

  • クロワッサンは1つ、216円。
  • 食パンは6枚で334円。
  • バゲットは302円。

これなら、月に2~3度買いたいと思わせてくれる価格です。

というわけで帰宅後、今晩はクロワッサンをいただきました。

他のお店で買うクロワッサンは、バター油がじゅっとしみ出るようなものもありますが、こちらのはバターは控えめな気がしました。

ふんわりと食べやすくて、小さい子供にも安心して食べさせることができそうです。

 
クロワッサン好きの家内も、「うん、おいしい」と申しておりました。

 
明日の朝には食パンを、そして夜にはバゲットをいただく予定。

 
どちらも楽しみです。

メゾンカイザー、できれば自宅の近くにもできてくれるといいのですが。

 
残念ながら今のところ郊外のわが家の近くには店舗はありません。

カンブリア宮殿の放送を期に認知と人気が拡大し、東京西郊、多摩エリアの店舗も増やしてほしいと思います!

(終わり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。