トクサツガガガ(ドラマ)のあらすじ紹介と最終回予想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特撮ヒーロー

2019年冬ドラマ情報が出揃い、話題になっています。中でも、【特撮】【オタク女子】をテーマにした『トクサツガガガ』は、コメディドラマとして期待を寄せている人が多いようです!

原作はビックコミックスピリッツに連載されている漫画ですが、原作を知らない方もドラマに入り込んでいけるように、あらすじを紹介していきますね♪

スポンサーリンク

『トクサツガガガ』主な登場人物

あらすじを説明する前に、主な登場人物を整理しておきましょう!

【仲村 叶】

『トクサツガガガ』の主人公。
26歳のOLで、特撮が大好きな女子。
周囲には公言しておらず、社内では女子力が高い女子として見られているが、実はかなりの隠れオタク。

【仲村さんの母親】

シングルマザーとして仲村さんと兄を育ててきた。仲村さんが特撮にハマっているのを毛嫌いし、女の子らしい趣味や装いを強制的にさせてきた。仲村さん最大の敵。

【吉田さん】

仲村さんのオタク友達で仲村さんより年上。特オタを卒業しようと思っていたところ、仲村さんとの出会いがあり、踏みとどまる。

【北代さん】

仲村さんの会社の同僚。仲村さん同様、オタクであることを周囲に隠している。
ローカルアイドル「ビーボーイズ」のファン

【チャラ彦】

本名は川島直太朗。チャラ彦とは、仲村さんが勝手につけたあだ名であり、メンタルが非常に強い。

【小野田くん】

仲村さんの同僚。仲村さんが特撮ファンであることを知らずに、ひっそりと恋をしている。

【ダミアン】

仲村さんが好きなヒーロー『ジュウショウワン(獣将王)』を愛する小学生。

スポンサーリンク

『トクサツガガガ』のあらすじ


さて、主な登場人物の理解が進んだところで、早速あらすじの紹介です!

主人公、仲村叶(なかむら かの)は特撮を愛する26歳のOL
ただ、周囲には一切特撮好きであることを隠している。

小さい頃から、特撮ヒーローものが大好きだったにもかかわらず、母親が女の子らしさを求める人で、理解を得られずその気持ちを隠し続けていた。

が、一人暮らしをしてから、抑えていた気持ちが爆発し、ふたたび特オタに生きがいを感じている。
現在放送されている戦隊ヒーロー『ジュウショウワン(獣将王)』こそ、彼女が追いかけている特撮。
中でも、シシレオーが仲村さんのお気に入り。

特撮グッズを買う為に節約し、お弁当持参などをしているので、会社では女子力が高い人と勘違いされている。
また、日常で起きるピンチの際には、脳内に特撮ヒーローが現れ、ヒーロー達の言葉に勇気をもらって危機を乗り越えている。

ある日、偶然同じ特撮好き女子の吉田さんに出会ったことがきっかけで、多様なジャンルのオタク友達が出来る。
吉田さんとは年齢が離れているが、同じ『ジュウショウワン(獣将王)』のファン。

徐々にオタク友達が出来たことにより、趣味に対する引け目もなくなり、特撮を毛嫌いする母親に正直に本心を打ち明けようと思っていた。

そんな矢先、特撮オタクである事実が母親にばれてしまう

つまり…!

一言で言うと特撮オタクを隠しつつも、特撮を生きがいとし、日々奮闘する話です。
コメディドラマなので笑いあり、でも、特撮ヒーローの言葉には時に涙ありで、どの世代にもオススメしたいドラマです★

スポンサーリンク

『トクサツガガガ』最終回のあらすじは?

結論から述べると、最終話は未だ予測不可能です!!!

理由は、原作漫画自体が現在も連載中で、最終回を迎えていないから。

となると、おそらくオリジナルストーリーで最終話になるのではないかと思います。
しかも、民放ドラマと違って、NHKの総合ドラマなので、回数も短く全7回

ギュギュッっと、中身を詰めてくるのではないかと思います。
ドラマはいったいどんな結末を迎えるのでしょうか?

個人的には、特撮を毛嫌いする仲村さんの母親にバレて、認めてもらうところで終わるのではないかなと予測していますが。

仲村さんの母親役も大ベテランの松下由樹さんですし。

最終回、どんなあらすじになるか、筆者も楽しみです♪

スポンサーリンク

特撮は奥深い!

最後に余談になりますが…。

この特撮ドラマが放送されることを知って、私も特撮大好きだったことを思い出しました。
住んでいる地域が撮影地としてよく使われていたこともあり、割と特撮は身近でした。(幼稚園の帰りに会いに行ったり)
処分してしまいましたが、中学生くらいまで、サインを大事にとってあった位です。

原作にも少し出てきますが、ヒーロー物って、戦ったり、武器が出てくるので、多少暴力的に映ります。
なので、仲村さんの母親までとはいきませんが、テレビを見せなかったりする家庭も少なからずいます。

だけど、今回、この『トクサツガガガ』を通して、ただ暴力的だからと言って、ヒーロー物を絶対見せないというのも、違うのではと思ってしまいました。

もちろん、家庭の教育方針があるとは思いますが、子どもからしたら、ヒーローはカッコいいので、マネしたくなるのは当たり前です。

そりゃ、父や母を悪者と見立て、「えいや」と戦ってくるでしょう。

でも、それは、子どもに「パパやママ、お友達は悪者ではないから、本当にぶったりするのはダメだよ。真似だけ」という約束をすればいいだけで。(もちろん年齢によって守れなかったり、一度二度で守れるわけではないですが)

絶対禁止にするよりも、ヒーロー達から学ぶ正義の心って、意外と子どもには大事ではないかなと娘を育てている身として感じました。

特撮は子どものヒーローですからね!
この『トクサツガガガ』を通して、特撮は夢みる子どもに与える影響力は大きいなとしみじみと思いました。

まとめ

1月18日(金)スタートの『トクサツガガガ』のあらすじについて、まとめました。

基本的なあらすじは、原作通りのようですが、原作が今もなお連載中なので、最終回などはオリジナルストーリーにも期待できそうです★

『トクサツガガガ』が気になる方は、是非、原作の方も覗いてみてくださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。