GoogleMeetでオンライン飲み会!アカウントなし招待は?

オンライン飲み会 暮らし

今年もついに師走。
忘年会のシーズンとなりました。

私も毎年、大学時代の同級生の忘年会が恒例です。

でも、今年はリアルで集まって
飲み会するのは難しいですよね。

幹事役のため、私から同級生に連絡を入れました。

 

「大変な一年になってしまったね。
忘年会の季節だけど、この状況では今年はなしだね。」

友人A「そうだね。残念だけど仕方ない。」

友人B「まあ今年はあきらめて来年に期待しよう。」

友人C「えー強行すると思ってたのに残念。だけどしょうがないか。来年はできるといいな。」

友人D「でもいろいろ話したいこともあったんだよなあ。」

友人E「オンライン飲み会はどう?」

全員「オンラインかあ・・・」

 

盛り上がるかなあ?という疑問もあります。

ただ、私自身会議はともかくオンライン飲み会をやったことがないので
一度やってみてもいいかなという思いも出てきました。

他のメンバーも同様のようで最終的にやることが決定。

とはいえ、
メンバーそれぞれパソコンやスマホのアプリなどの習熟度はバラバラ。

そんな中、どのツール、アプリで、
できるだけ無料で、どんな風にやればいいのか?
を調べることになりました。

そこで今回は「Google Meet」での
オンライン飲み会・忘年会のやり方について書きます。

オンライン飲み会はどのアプリがいい?Zoom?Meet?

リモート飲み会

2020年のコロナ禍でオンライン会議といえばまず頭に浮かぶのはZoomですね。

ただし、Zoomの場合、無料で使うには制限があります。

1対1(2名)なら無料で時間も制限なしですが、
3名以上となると40分までという縛りがあります。

乾杯して近況話し合ってサクッと終了。というのも一案ではあります。
とはいえさすがに40分では短いですね。

続けてもう一回新しい会議を作成すればいい
という意見もありますが、なんだかそこで気持ちも切れそうです。

そしてもう一つ、
Zoomにはセキュリティーの問題も報道されており、
使用をためらう人がいるのも事実。

 

というわけで、もう一つの有力候補である
Google Meet を使ってみることにしました。

友達との忘年会ということで数名から10名くらいの少人数を想定しています。

Zoom

  • Zoom
    • 無料プラン
      • 1対1(2名)は時間無制限
      • 3名以上は40分で強制終了
    • 有料プラン
      • プロ(月額2,000円/年額20,100円)
    • 注意点
      • 基本、アプリダウンロードが必要
        • PCはブラウザで参加も可。スマホはアプリ必須

Google Meet

  • Google Meet
    • 無料プラン
      • 同時に100人まで参加可能
      • 最長24時間連続で利用可能
      • 参加者はGoogleアカウントが必要
      • 1画面に表示されるのは最大16人まで
      • PCはアプリインストール不要(タブレット、スマホは必要)
        • 対応ブラウザ
          • Google Chrome
          • Mozilla Firefox
          • Microsft Edge
          • Apple Safari
      • 2020年4月以降より無料のGoogleユーザーでも、主催(ホスト)が可能に
      • 無料版は2021年3月まで利用可能(延長されました)

Google Meet(無料)で忘年会を始める手順

  • 主催者(ホスト)
    1. Gmail画面右上の「Googleアプリ」を開く
      Googleアプリ
       
    2. 「Meet」をクリックする
      Meet
    3. 「新しい会議」をクリックする
      新しい会議
    4. ビデオ会議用の URL(招待コード)が生成される
    5. URL(招待コード)を参加者のGmailに送信する
  • 参加者
    1. スマホ、タブレット参加者は事前に「Google Meet」アプリをインストールしてGoogleアカウントでログインしておく(※iPhoneアプリもある)
    2. Gmailを開く
    3. 主催者から送られてきたメールの招待URLをクリックする
    4. 「今すぐ参加」をクリックする
    5. 主催者が「承認」すると参加できる

私、実際にやってみましたが、簡単にできました。

ただし、最初テストで妻と1対1で
「新しい会議を作成」してみたときは、

お互いの映像は映るものの、声が聞こえない
というトラブルがありました。

スピーカーやマイクの設定も問題なく、原因がわかりません。
そこで一旦会議を
退出し、
パソコン再起動してもう一度会議を作成したところ・・・

今度は問題なくビデオ通話(映像、音声とも)することができました。

さてこのGoogle Meet、
通話中の画質はZoomより劣る印象です。

でもアプリインストール不要で簡単だし
安心して使えるので個人的にはGoogle Meetがいいと思います。

Googleアカウントなしでも参加できないか?

疑問

上に書いた手順で、無料でのオンライン飲み会ができます。

しかし。

飲み会の参加者の中には
Googleアカウントもってない人もいそうです。

そして、
「じゃあ無料だからGoogleアカウント登録して
Gmailアドレス作っておいて」

といっても、そのハードルが高い人もいそうです。

そこで、
Googleアカウントなしでもオンライン飲み会に参加する方法を調べました。

 

結論、主催者(ホスト)が
有料の「Google Workspace(旧:G Suite)」ユーザーであれば可能です。

  • 無料・有料どちらでも主催者はGoogleアカウント必須

Google MeetはGoogle Workspaceの中に含まれています。

  • Google Workspace(旧:G Suite)
    • 14 日間無料試用期間あり
    • ビジネス スタータープラン 月額680円
    • 100 人まで参加可能なビデオ会議を開催できる

Googleアカウントがない人も参加する手順

  1. 主催者が、Google Workspace ユーザー権限で会議を主催する
  2. 主催者が、参加者にLINEなどで招待URLを送る
  3. Googleアカウントなしの参加者が、招待URLをクリックする
  4. 主催者が「承認」すると参加可能になる

有料と言っても月額680円。
そして14日間の無料試用期間もあります。

なので、Googleアカウントなしでも参加できる
こちらのやり方の方がスムーズに飲み会を開催できそうです。

さいごに

Google Meetによるオンライン飲み会・忘年会のやり方でした。

とりあえず今年は私自身の同級生忘年会でやってみる予定です。
また、妻も同じく大学の同級生とMeetで同窓会やりたいと言ってます。

実際にやってみてどうだったかの感想も後日投稿しますね。

 

今年うまくいったら、来年以降はリアルで集まれる人は会場で、
遠方や都合により来れない人も、オンラインで顔を出す。

という、オンライン、オフラインのミックス飲み会・忘年会。
なんていうのも面白いし便利そうですよね。

以上、あなたの忘年会企画の参考になれば嬉しいです。

  • 機能や料金は変わる可能性があります。
  • ツールやアプリご利用に際しての最終的な判断はご自身の責任で行ってください。

タイトルとURLをコピーしました