自宅で炭火焼き鳥&焼肉に!おすすめ七輪と煙の少ない炭はこれ

七輪 アウトドア・キャンプ

七輪がほしいです!

炭火で、網で魚やスルメ焼いたりする七輪。

外食も飲み会も控え続けてもうすぐ一年。
しかも二度目の緊急事態宣言が出てしまった。

せめて自宅で、
普段とちょっと違ったことをやりたいです。

というわけで今回は、
「自宅で七輪」について書きます。

七輪がほしいと思った理由

サザエのつぼ焼き

きっかけはふるさと納税の肉特集です。
美味しそうな返礼品をなんとなく眺めていたら
「おすすめの調理法=七輪」というのが目に留まりました。

それで、「そうか・・・七輪って、いいな」
となったわけです。

以下、七輪がほしいなと思った理由を挙げています。

炭火で焼いた肉や魚を食べたい

まずはなんといってもこれです。単純に。
炭火の焼き鳥や牛豚肉って
やっぱり美味しいですもんね!

外はカリッと中はジューシーで、
ちょっと一部焦げたりするところも含めて
最高です。

他にも
焼きトウモロコシ、しいたけ、
エビ、はまぐり、サンマ、
殻付きのカキ、サザエのつぼ焼き・・・

ああもう、
考えてるだけでヨダレが・・・(笑)

そんな炭火焼が家でできたら!
巣ごもり生活の中にも楽しみが増えるというものです。

懐かしい

次はこれです。
祖母が存命の頃、
実家では割と普通に七輪を使っていました。

そういえば火鉢もありましたね。
ストーブもありましたが、
祖母は好んで火鉢で暖を取っていました。

火鉢の中でチロチロ火を出す炭を見るのも、
灰をならすのも楽しかった思い出があります。

そして、七輪で焼くスルメ。
だんだん反り返っていき
いい臭いが漂ってくる。

そしてアツイアツイと言いながら
焼きたてを食べるあの美味しさ。

そんな子供の頃を思い出していたら
もう無性に七輪が恋しくなってしまいました。

娘に炭火を体験させてあげたい

そして3つ目はこれです。

なんでも便利な現代。
至れり尽くせりの電化製品。デジタル家電。

もちろんどれもありがたく使っています。

でも、子供には小さいうちに
できるだけ実体験も積ませてあげたい。

その観点からすると、
七輪は子供にもとてもいいものを
もたらしてくれるように思うんです。

実際私自身も小さい頃の七輪・火鉢体験は
何十年経っても鮮明に覚えてますからね。

火をおこすところから
食材に火が通っていき
食べられるようになっていく。

幼児期にそういう過程を目の当たりにするのは
大事だろうなと思うわけです。

そして付け加えると、
思ったより七輪って安いので(笑)
おお、これなら買える!
そう強気になったというところもあります。

自宅で七輪を使う課題は?

七輪の炭火

家で七輪を使いたい!

そう思ったものの、
実際使う場面を想像すると
いくつか課題もあります。

以下に挙げてみます。

そもそも室内でできるのか?

現在の自宅は賃貸マンションです。
七輪で炭火を使えば煙が出ます。
当たり前ですが。

火災報知器が鳴るようでは困ります。
炭なので一酸化炭素中毒も考慮が必要です。

そこで、
アウトドア系のサイトなどで調べたところ、
どうやら自宅で七輪はOK。できそうです。

換気扇回した台所で、
窓も開けておけば問題なさそうです。

もちろん、きちんと道具を揃え
使い方を確認しておくのは必須ですね。

  • 七輪、炭火、火バサミ、軍手、
    火起こし器、火消し缶など

なお、ベランダでやるのはNGです。
(ベランダでの火気使用は禁止)

「煙が少ない炭」もあるので
自宅室内にこだわる場合は
これがベストチョイスでしょう。

炭が爆ぜる(はぜる)のが心配

次はこれ。炭はパチパチ爆ぜますよね。

学生時代に炭火焼の店で
炭火番のアルバイトしていたときは
バチッ!アチッ!が日常でした。

でも、小さい子供もいるし
狭い家の中でバチバチ爆ぜたら困ります。

これについては
「爆ぜない」炭を選ぶのが〇ですね。

値段は高めになりますが
安全には変えられません。

というか、室内にはこだわらず
自宅近くのBBQができる公園とか
デイキャンプで使うのが一番無難ですね。

ただそうは言っても、
緊急事態宣言中は家族でのBBQもNGか・・・。

自宅で炭火焼き鳥&焼肉におすすめ七輪

おすすめと言いつつ
「自分が買うならこれがいいな」
というもののピックアップとなります。

太成コンロ(国産)

これこれ!
昔祖母が使っていたのが
こういう感じの七輪でした。

珪藻土の製品ということもあり
信頼のおける国内製がいいですね。

奥能登 切り出し 珪藻土七輪

こちらは高級感漂う七輪です。
料亭などでも使っていそう。

ご両親への贈り物として
購入する人も多いようです。

飛騨コンロ 国産天然珪藻土 切り出し 七輪

旅館などで使われる
風情のある七輪です。

最近はこの飛騨コンロを
自宅で使うのが人気だそうですね。

個人的には上に挙げたような
オーソドックス?なのが好みですが
確かにこれもいい・・・。

落ち着いた雰囲気で
日本酒呑みながら使いたいですね。

BUNDOK 七輪

安さで選ぶならこちらが人気ですね。
中国製です。

煙が少ない&爆ぜない炭

室内でやる場合は特に、多少高くても
煙が少ない&爆ぜない炭を選びたいところです。

エコココロゴス

こちらはマッチ1本で着火できて
爆ぜにくい。

御値段も手頃。

室内使いによさそうです。

国産岩手木炭・切炭

高級な炭です。
その分、火付き、火持ちが良く、
食材も美味しく焼けます。

爆ぜにくい、煙も少ない。

安全面でも、味の面でも
炭はケチらない方がよいですね。

高知産 最高級オガ炭(三栄炭)

焼き鳥屋さんでよく使われるのが
この高知産のオガ炭なんだそう。

無類の焼き鳥好きとしては
ぜひ使ってみたいところではあります。

ただ・・・ケチらない方がいいとは言え
正直ひるむ御値段です(笑)

さいごに

家で過ごす時間が多くなる中
小さな七輪を囲んで家族で炭火焼き。

なかなか乙だと思いませんか。

 

しかし・・・
実現にはひとつ壁がありそうで・・・。

ぶっちゃけ
妻からは反対が予想されます(^^;)

「火が危ない」「煙い」「物が増える」など。

 

確かにそうなんだけど・・・。

どうやって話をもっていけば共感してもらえるか?
知恵を絞りたいと思います。

やっぱりあれだろうなあ。
「炭火ならではの美味しさ!」
突破するならこの一点につきるでしょう。

あ、そうだ。
非常時の防災用品としても使える!
という点もアピールできますね。

後日、七輪の使用感レビュー記事を投稿できたその時は
妻の説得が上手くいったのだなとお察しください(笑)

タイトルとURLをコピーしました