メイリの65%の口コミ評判。消毒用に使ってみたレビュー

消毒 暮らし


2020年、酒造メーカーが
急遽販売してくれた高濃度アルコール。

消毒用エタノールが店頭、ネットからも消え、
困っていた最中だったので助かりました。

我が家では昨年の夏に「メイリの65%」を6本購入。
半年ほど生活を支えてもらっています。

今回は「メイリの65%」を購入、
使用してきた体験レビューを書きます。

メイリの65%(360ml)を購入した理由

確か去年、高知の菊水酒造が
高濃度アルコールの販売をはじめたを
ネットで知ったのがきっかけでした。

それから各地の酒造メーカーが
同様の商品を販売開始。

 

菊水(77%・500ml)、
メイリ(65%・360ml)、
山梨の七賢(65%・300ml)。

この3つをピックアップして
アルコール濃度と価格、量を比較。

 

アルコール濃度だと菊水がいいのかな
とも思ったのですが、

濃度に容量も多い分、
他2社よりやや高い値段設定。

 

65%でも消毒効果は期待できる
というニュースもあったので、
メイリを選んだのでした。

メイリの65%の口コミ評判レビュー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メイリのウォッカ 65度 360ml
価格:1100円(税込、送料別) (2021/1/22時点)

楽天で購入

 

メイリの65は6本セットで購入しました。

別途購入したアルコール用のミニボトルに
必要なぶんだけ詰め替えて現在も使い続けています。

子供が手を出さないよう
未開栓も開栓後の瓶も
子供の手の届かない場所にしまっています。

ベタベタ感は全くなし

海外製のものに特に感じる
ベタベタ感は全くありません。

液状ではない海外のジェル製品の話になりますが、
付けて手をこすっているとベタベタするだけでなく
謎のカス?のようなものが
指の間や手のひらに残るのもありました。

ああいうのは逆に
「これ、毎日手にこすりつけてて大丈夫なんだろうか?」
と不安にさえなります。

変なニオイもなし

やはり海外製のものに強く感じる変なニオイも全くありません。

  • ウォッカのニオイはもちろんあります。でもすぐ消えます。

海外製の高濃度アルコールを
マスクに吹きかけたとき、
乾いたあとでもニオイがきつくて
マスクをしていられなくなったことがあります。

あれは何のニオイなんでしょうか…。

 

ベタベタ同様、ニオイについても
メイリの65だと全く不快感なしです。

速乾で高濃度で効いてる感がある

国内海外問わず、
液状のものを何種類も使ってきていますが、
メイリの65が一番乾きが速いように感じます。

これはつまり、不純物が非常に少ない
良質な高濃度アルコールである。
ということになるんでしょうかね?

 

ただ、高濃度も90%以上ともなると
乾くのが速すぎて逆に消毒の効果が落ちるんだそう。

なので必ずしも速乾=高い消毒効果
というわけではないのかもしれません。

 

思った以上に長持ちしている

360ml✖6本でどれくらい持つのかな?

3ヵ月くらいだろうか。などと思っていましたが、
半年経ってまだ残っています。

5本目使用中で1本未開栓。

一日中シュッシュッやってるわけでもないので
これだけあればかなり持つ。
ということがわかりました。

飲んでも

ウォッカですので!

アルコール度数65%ですから
何かで割るのがいいと思います。
くれぐれも空腹時は止めましょう。

というか、
そもそも飲料用ではないので非推奨です。

さいごに

昨年、酒造メーカーの高濃度アルコールが
特例で認められたとき、厚労省からは
「一般の家庭では、引き続き、手洗いの励行を続けてもらいたい」
という発表がありました。

が、すみません。
一般家庭ですが買いました。

 

でもおかげさまでここまで体調崩すことなく過ごせています。

明利酒類株式会社さんに感謝です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました