コロナ禍の自宅で子供の遊び道具人気5選!【3歳児・運動系】

おうち遊び 育児


なかなか先が見えないコロナ禍での自粛生活。

寒さも重なり自宅で過ごす時間が多くなりますよね。

小さい子供の自宅遊びで頭を悩ませている親御さんも多いのでは。

そこで今回は、3歳前後の幼児を対象に
室内で【体を動かす】遊び道具を5つ取り上げます。

おうち・自宅で体を動かす遊び道具選びのポイント

3歳前後の幼児を対象として遊び道具、おもちゃをピックアップします。

条件としては、

  • 安全であること
  • ストレス発散できること
  • バランス感覚や体幹にプラスなら尚可

こういったところでしょうか。

 

集合住宅住まいであれば、

  • 静音性
  • 振動の大きさ
  • 収納の簡単さ

これらも非常に大事なポイントですね。

我が家は賃貸マンションなので

「でっかい音ださないこと」
「ドスンドスン音がしないこと」
「使わないときコンパクトに収納できること」

これらが最上位課題となるため、
遊び道具のチョイスにおいても重視する傾向があります。

おうち・自宅での子供の遊び道具【3歳児・体を動かす編】人気5選!

それではここから人気の順に紹介していきますね!

トランポリン

こちらは楽天1位の大人気トランポリン。

子供はジャンプが大好き!
嬉しいときには場所を選ばずジャンプしますもんね。

ピョンピョン跳ねて、体全身動かして
バランス感覚も自然と鍛えられます。

我が家でも雨の日などは子供が遊び足りなくて
布団の上で飛び跳ねたりして閉口しています。

これがあれば「遊び足りない」ストレス溜めることなく
夜はスヤスヤと眠ってくれそうです。

 

スプリング部分の特別設計で高い静音性も実現。

スプリングは肌や体が挟まるのが心配ですが、
隠れるようにカバーしてあるので安心です。

 

相当場所取りそうにもみえますが、
折り畳んでの収納が可能。

 

さらに、耐荷重110kgということで大人もOKです。

トランポリンで5分間ジャンプするのは
ジョギング1kmに相当する運動量とのこと。

実際、5分間ジャンプすると軽く汗ばむくらいの運動になり
乗ったあとは気分爽快!という親御さんの声も。

子供と親で争奪戦になるかも?笑

鉄棒

続いては鉄棒!

鉄棒も子供が大好きですよね。

うちの子も、
鉄棒のある場所を素通りすることはまずなし。

3歳なので、
逆上がりどころか前回りもまだ当分先かな~。

でもとにかくブラブラぶら下がって嬉しそうにしてます。

 

鉄棒につかまってぶら下がる運動によって
握力や腕の力が鍛えられます。

バランス感覚も育ちますね。

 

はじめはできなかったのが
段々できるようになる。

そういう達成感も味わえるところが魅力です。

 

むしろ自宅でやることで、
下にクッションを敷けるので安全。

他のお友達との交代を気にせず集中できる。
そういうメリットもありますね。

外でやってるときより上達が速いのではないでしょうか。

「室内に鉄棒!?使わないときどうすんの?」

そういう思いもよぎりますが、
こちらの鉄棒はなんと折り畳んで収納が可能。

畳んだ状態は、折り畳み式の物干しとそう変わらない感じです。

テントハウス

3つはキッズ用のテントハウス。

これ、届いた日は子供は狂喜乱舞でしょうね。
自分が子供だったら大興奮です。

たぶん入ったらしばらく出てこないでしょう。

トンネルの部分をハイハイで行ったり来たりして
いい運動になることでしょう。

おもちゃやお人形と一緒に籠って
おままごとも楽しめそう。

「かくれんぼ」の新たな隠れ場所にもなりますね。

竹馬 ジャンピングボール

4つ目は竹馬です。

竹馬という言葉自体最近では耳にしません。
公園で遊んでいる子供の姿もほとんどみかけませんね。

こちらは自宅でもできる
「竹馬的」ジャンピングボール。

 

グリップとボールを繋ぐのは
棒ではなくてゴムのロープです。

なのでグリップを外してボールに乗るだけでも遊べます。

 

これはバランス感覚、体幹鍛えるのにもってこいですね。

外で自由に遊ぶのにもいいし、
室内でも使えるという優れもの。

場所も取りません。

 

3歳だと親のサポートが必要な感じでしょうか。

でも、「2歳児も子供も楽しんでやってます」
という購入者さんの声もあり。

多少早めだったとしても、こういう道具は
「気が付いたら乗れるようになっていた」
となるケースが多いのであまり心配することはなさそうです。

 

耐荷重も90㎏と、見た目以上に頑丈。
大人のエクササイズ、ダイエットにも使えます。

気になるとしたら集合住宅の場合の振動、ですね。

 

子供用平均台

最後は平均台。

こちらも公園にあると
子供が必ずといっていいほど遊ぶ道具の一つ。

場所をそう取らず、
ドッタンバッタン大きな音や振動を出すこともなし。
(降りるときは注意)

それでいてバランス感覚が身に付きます。

落っこちないように自分の体の動きに注意を向けるので
集中力や注意力も磨かれます。

 

レビューでは、平均台としての利用の他に

お子さんが椅子として使っていたりもするそうです。
小鳥の止まり木みたいで可愛いですね。

また、親御さんがテレビの手間に置いて
「ここより前に近づかないでテレビを観る」
進入禁止の役割に使ったりもしているケースも(^^)

 

到着後、組み立てが必要な商品ですが
プラスドライバーさえあればOKなので問題ないでしょう。

さいごに

というわけで、
おうち・自宅での子供の遊び道具
【3歳児・体を動かす編】人気5選!でした。

おうち遊びが求められる時期はまだまだ続きそう。

子供の体と心の健康のためにも
自宅で楽しく運動できる環境を用意してあげたいですね!

タイトルとURLをコピーしました