あさイチ 川村元気 12月16日 プレミアムトーク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月16日のNHK『あさイチ』には川村元気さんが登場!川村元気さんって誰?今年大ヒットしたアニメ映画『君の名は。』のプロデューサーさんだそうです!この記事では、当日の『あさイチ』をご覧になった方からいただいた感想をまとめて紹介します!

スポンサーリンク


『あさイチ』感想その1.「有働さんの今日のファッション、ステキです」

有働さんの今日のファッション、ステキです。ワインカラーのふんわりしたブラウスと同色のスカートが大人の雰囲気たっぷりです。色も上と下とで微妙に違っていて、そのグラデーションがおしゃれです。いつも参考になります。

『あさイチ』感想その2.「話も上手で頭の良さが伝わってきます」

いつもの笑える、面白いあさイチではないけど、興味深いお話でした。
プロデューサーってこんなことやってるんだ、と何と無くわかった気がします。

それにしても川村さん、多才な人ですねえ。
話も上手で頭の良さが伝わってきます。

『あさイチ』感想その3.「音楽がいろんな場面で流れるのが特徴」

君の名は特集でした。私も君の名はをみたので、非常に興味深かったです。君の名はは、映画の中で音楽がいろんな場面で流れるのが特徴なので、それがディズニーやジブリとは違う点で、この映画の人気を集めた原因だという指摘が面白かった。

感想その4.「子どもの頃にTVを見ていない」

川村元気さんのお話を聞いていて、簡単にヒットすると思っていたけれどそうではないことを知りました。いろいろ探して模索された結果なんですね。落ち着いて俯瞰に物事を見ていてすごいなぁと思いました。子どもの頃にTVを見ていないことで子どもが持っている枠のないものが育つのですね。素晴らしいです。

感想その5.「プレゼントにイチオシの本、ビックブック」

プレゼントにイチオシの本、ビックブック、寝転がりながら読む本は、子どもは喜ぶだろうと思いました。すぐに破れてボロボロになってしまうかと思ったけれど、庭でも使える、ぬれてもオッケー、やぶれにくいというのが良いですね!折り紙の絵本は京都おりのソフトクリームが作ってみたい。外国の方へのお土産に持って行きたい本です。

感想その6.「切り取って実際に作れる本」

今日のイチオシ書籍で紹介されていた体験型の「 折りCA (著者 COCHAE) 」という中が折り紙になっていて、切り取って実際に作れる本が気になりました。

スタジオのみなさんもチャレンジしていましたが、なかなか難しそうでしたね!

日本折りや京都折り、東京折りなど6種類あるので、作ってみたい本を選んで、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に、お正月に家族で楽しめますね。

感想その7.「絵本の紹介のビッグブック」

クリスマスプレゼントにいい本や絵本の紹介のビッグブック。浦島太郎の実際はこんな感じの大きさのカメとか、男の子は絶対喜ぶはず。読むだけじゃなくて、3,4歳くらいの子どもにとっても良さそう!折り紙の絵本も、絵本なのにぺりぺり破れて、折れて可愛く作れるって楽しそう。女の子も男の子も、ママさえもクレープは絶対喜ぶ。

感想その8.「川村元気さん、すごく頭がよさそう」

今日のゲストは映画プロデューサーの川村元気さん、すごく頭がよさそうで見た目の「文化系男子」という感じですね。トーク番組なので、もうちょっと隙を見せてくれた方が魅力的だった気がします。本のコーナーは、広げるシート式の絵本が紹介されていて、子どもが小さい頃だと喜んだだろうなと思いました。

感想その9.「花の楽園南アフリカ」

グリーンスタイル花の楽園南アフリカは、可愛かったり綺麗な花を見られて気分転換にもなり良かったです。知らない事が多くて勉強にもなりました。富田裕明さんとの会話で駒村 多恵さんのアロエの話も面白く楽しかったです。


以上、12月16日(金)の『あさイチ』感想集でした!

ここからは『あさイチ』放送前に書いた内容

今年37歳の川村元気さん。プロデュースしたアニメ映画『君の名は。』観客動員数1500万以上!若くして日本映画史上に残るアニメ映画の大ヒット記録を打ち立てました。脚本・原作で監督の新海誠さんにはかなり注目が集まり広く知られる名前となりましたが、恥ずかしながら川村元気さんのお名前は知りませんでした。

ところがこの川村元気さんの活躍はこれだけじゃない!既に過去には『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『バケモノの子』なども手がけている実績を持ちます。どれもヒットした話題作ばかりじゃないですか
(観たことないけど・・・)!

スポンサーリンク


さらになんと、ベストセラー作家としても活躍しているとのこと!2012年の処女作『世界から猫が消えたなら』で130万部超え、2作目の『億男』で2昨年俗の本屋大賞ノミネート。最新作は『四月になれば彼女は』。

・・・正真正銘のヒットメーカーですね!いったいどうしたらこの若さでこうも立て続けに大ヒット連発できるんでしょう。しかもジャンルの垣根を超えて。知りたい、知りたい・・・この人の頭の中がどうなっているのか知りたくなってきました!爪の垢をせんじて飲みたくなってきたー!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。