ためしてガッテン ネギパワー 12月14日 ねぎの効能!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月14日(水)のNHK『ガッテン』では、ネギパワーをとりあげます。今回はネギの素晴らしい効能をとりあげた、夜7時30分から73分の拡大版です。なんとネギにインフルエンザや肺炎、がん予防にまで効果が期待できる健康成分が見つかったとのこと!この記事は番組の放送を見ながら&見たあとすみやかに更新します。

スポンサーリンク



インフル・肺炎・肝炎・がん予防!ネギパワー

最新の研究で、ネギの驚異の免疫アップパワーが発見されたそうです!

番組で紹介された、ネギがもたらす驚きのパワーをまとめます。

スポンサーリンク


ネギの香りパワーで風邪予防!

300年前の「大和本草」にも、ネギが人の命を救うほどの効能があることが書かれていた。

「急死した人が男なら左の鼻の孔、女なら右の鼻の孔に、ネギを差し込むと、反対の鼻の孔から血が出て蘇る」と。

番組では、ネギの香りの検証実験を行った。日本大学名誉教授、ネギ博士の有賀豊彦先生が研究に協力。

ネギの香りが体に与える影響の検証実験

ネギの香りをかいでから3分経つと、体温が1度以上アップすることを確認。

ネギの香りのもとはアリシンという物質。辛み成分。

ネギを切った時、酵素の反応でアリシンという香りのある刺激成分が生まれる。

アリシンは空中に飛び散って、人間が鼻から吸い込むと血管が拡張して血流がアップ。体の抵抗力を高める効果があると考えられる。

しかも、食べる時よりニオイを嗅いだだけのほうが効果が高い。

アリシンは空気の6倍の重さがあるので、食べるときは香りが置き去りにされて

昔、日本では風邪のときネギを首に巻いた。迷信だと思われていたが、首に巻くことでアリシンを吸い込み、風邪を治していたのかとも考えられる。

2003年に世界中に広がった新型肺炎SARS。

中国南部で発生し、アジア全域に広がり感染者が8,000人、死者は700人以上。

ところが、「ネギの里」と呼ばれる中国の山東省章丘では、SARSの感染者がほとんど出なかった。章丘のネギは長さが人間よりも長い!2000年以上も前から作られているという。山東省ではSARS患者はわずか1名。章丘では、SARS患者は一人もでなかった。

章丘の人は、ネギを生のまま丸かじりする。すると、口の中で噛まれたときにアリシンが発生するので、効率よく体内に取り込める。また、アリシンは熱に弱いので、生のままの丸かじりがベストの食べ方といえる。伝統は正しかったのだ。

さらに、章丘では、掃除にもネギを使っている!

すり潰したネギを布にくるんで、汚れを拭く。油汚れもこれで落とす。台所がネギの香りで充ちる。

風邪予防!ネギの首巻の作り方

特に風の引き初めに効果的!

  1. 白ネギに細かく切り込み細かく入れる。
  2. ネギの汁で肌がかぶれないよう、手ぬぐいやタオルで包む
  3. 首に巻く
  • 香りが強すぎる場合、表面を加熱すれば香りがやわらぐ

日本中のご当地ネギ料理!

  • 大阪のネギ焼き!
  • 京都の焦がしネギラーメン!
  • 熊本のひともじ(小ネギ)のぐるぐる!酢味噌でサッパリと!
  • 埼玉県深谷市のネギ尽くし料理
    ネギ鍋、餃子、ネギと豚肉の生姜焼き、ネギだけの天ぷら、ネギの黒焼き!
  • 福島大内宿のねぎそば
    太い白ネギを箸代わりとして使う!同時に薬味として食べる!
  • 都内に増えているネギ料理専門店
    九条ネギ卵かけごはん、マルネギータピザ、ネギボール(ネギのハイボール)

スポンサーリンク


 ネギの青い部分の粘液がパワーの源!


ネギの青い部分に含まれる粘液(ヌル)を食べることで、以下のような驚きの免疫超UPパワーが発揮されることを、農研機構 野菜花き研究部門 品質機能ユニット長 上田浩史さんが発見した。

  • 肺炎、インフルエンザ、肝炎の原因となるウイルスが口内に侵入すると、口内のIgA抗体がウイルスと戦う。このとき、ネギが口内にあると、IgA抗体が約1.5愛にパワーアップしてウイルスを撃退してくれる。
  • 血液中にウイルスや細菌が入ってきたとき、マクロファージが戦ってくれる。マクロファージもネギがあると約5倍パワーアップする。
  • がん細胞ができたとき、ナチュラルキラー細胞が戦ってくれる。ナチュラルキラー細胞もネギがあると約3~4倍パワーアップする。

 

  • IgA抗体・・・唾液などに含まれ、細菌やウイルスを取り囲みやっつける。
  • マクロファージ・・・体内に侵入した細菌やウイルスを異物とみなしパクパク食べて処理する。
  • ナチュラルキラー細胞・・・がん細胞など体内に発生した異常な細胞を発見して攻撃する。

スポンサーリンク


全国の農家でヌルと呼ばれるネギの粘液。

採れたてのヌルは、ネギを折るとトロッとこぼれ出て位たっぷり!

ネギの青い部分からでてくるこの粘液(ヌル)こそが免疫力アップのネギパワーの源!

 

一見乾いてしまっているようでも、水に濡らせばヌルがあることがわかる。(トロみが戻る)

とにかく、ネギは青い部分を食べることが大事!

アリシンと違い、ヌルは加熱しても効果は変わらない。

白い部分だけを食べがちな東日本の人は、これからはぜひ青い部分も食べましょう!

でも、白ネギの青い部分って固くて食べにくい・・・

そこで、青い部分も美味しく食べる世界の極上ネギ料理を紹介!

ウェールズの極上ネギ料理

ネギは、ウェールズでも国民的な野菜。ウェールズのネギは、日本のネギの10倍?20倍以上の大きさのものも!ウェールズの涼しい気候がネギの成長にピッタリなんだそうだ。

ネギはウェールズの国章。国旗もネギ色。硬貨にもネギのデザイン。ラグビーの試合でもネギグッズを巻いて応援する。


1500年前、6世紀の頃他国の侵略に苦しんだウェールズ。将軍デービッドが全軍にネギを身に付けることを指示し、敵を撃退した。ネギをつけたことで敵味方を見分けることができたのが勝因と言われている。それ以来、ウェールズにとってネギは特別な野菜となった。

今でもデービッド将軍の命日には軍隊はネギを身に付ける。そして若い訓練兵は、生のネギを1本食べきる早食いという儀式も行う。

ウェールズの子どもたちは、「ウェールズ人なら帽子にネギをつけなさい。心にネギをまといなさい。」と教わる。

美味しいネギ料理レシピ

番組で紹介された美味しいネギ料理のレシピ

ウェールズの青ネギ ウェルシュレアビット(3人前)

ちょっと固い青ネギでも美味しくいただける!

材料
  • 食パン 3枚
  • ネギの青と白の部分 200g
  • バター 10g
  • 小麦粉 大さじ1
  • 牛乳 100ml
  • ピザ用チーズ 100g
  • 塩 小さじ1/4
  • こしょう 少々
作り方
  1. ネギを小口切りにする
  2. ネギがしなっとするまでバターで炒める
  3. 小麦粉を入れてしっかり炒める
  4. ダマにならないよう牛乳を3回に分けて入れる
  5. 弱火にして、最後にチーズを投入する
  6. 調味料も入れて混ぜ合わせる
  7. パンに塗り、トースターで4~5分。きつね色に焼く

中国山東省章丘の青ネギ巻き

肉汁が飛び出す!柔らか青ネギ巻き

材料
  • ネギの青い部分 3本分
  • 粗みじんの白ネギ 50g
  • 豚ひき肉 100g
  • 塩 小さじ 1/2
  • こしょう 少々
  • 揚げ油 適宜
    • 小麦粉 大さじ4
    • かたくり粉 大さじ2
    • 水 大さじ10
作り方
  1. ネギの青い部分は4cm程度の長さに切る
  2. 材料を全部袋に入れて混ぜ合わせる
  3. 袋の先端を切って、青い部分に絞り入れる
  4. 衣をつけて、180℃の油で3~5分ほど揚げる

 

青ネギ味噌

青森県南部町の青ネギ味噌。白ネギの青い部分を使う。鍋料理には欠かせない薬味。

作り方
  1. ネギの青い部分を細かく刻む
  2. すり潰す
  3. 同じ分量の味噌を投入

青ネギマヨネーズ

イタリアンシェフの奥田政行さんが紹介。大人の味。生野菜につけても、スルメにつけても、スープに入れても何にでも使える万能調味料!

材料
  • ネギの青い部分 100g
  • 卵黄 1個
  • 酢 大さじ1
  • サラダ油 大さじ6
  • 塩 小さじ1
  • こしょう 少々
作り方
  1. 青い部分を細かく刻む
  2. 酢と卵黄を加え、フードプロセッサーにかける
  3. サラダ油を3回に分けて加え、調味料で味を調える

ネギのハイパー保存

冷蔵庫に入れてもすぐにシナシナになってしまうネギ。全国の農家にアンケートした結果。ハイパー保存法を発見!

農家の知恵・・・新聞紙にくるんで縦置きにする。横に置いておくと、ネギは立ち上がろうとしてエネルギーを使ってしまい早く痛む。

実験
  1. 1本のまま新聞紙にくるんで縦置き
  2. 1本のまま冷蔵庫の野菜室に横置き
  3. 半分に切ってチルド室に横置き

一番鮮度を長く保てたのは・・・3番の「チルドハーフ」!

ネギの保存はチルドハーフがベスト!半分に切ってチルドで保存する。

ネギは寒いと呼吸を減らし、エネルギー消費を抑える。その結果水分量の減少を抑えられる。

寒くなると、ネギは体内で糖度をアップさせて「凍るまい」と頑張る。切ったことはダメージだが、寒さによる効果がそれを上回る。

さらに、寒いと甘み成分が増す。チルド保存でも10%ほど甘みが増す。

寒いと、ネギは凍らないため防行反応として糖分を作る。糖が増えると凍りにくくなる。

ここにもネギの生命力の凄さが現れている。

なぜ、ネギはこんなにもパワフルなのか?

ネギのパワーの秘密、ルーツをモンゴルで探る

ネギ発祥の地モンゴルで、ネギの起源、太古のネギ「アリウム・アルタイクム」を発見。見た目はけっこう日本のネギに近い。

とても強い味で、アリシンは日本国内のネギの10倍くらいありそう。乾燥地帯の岩場で、水も何もないところでも自生する生命力。

ネギの香り、辛さのもとアリシンは、動物から身を守るためのものだった。

スポンサーリンク


ここから下は番組放送前に書いた内容です

『ためしてガッテン』世界のねぎ料理

この記事、テレビでも盛んにネギの特集番組やってますよね。

⇒ 12月4日(日) 『相葉マナブ』 深谷ネギの炊き込みご飯

⇒ 12月6日(火) 『あさイチ』 ネギで時短料理

日本はこの冬の時期に一番美味しいネギ。このネギは美味しいだけではなく、病気の予防にもなるのです。そして、世界のネギ料理には何があるのかも探っていきます。

ネギは寒い時期の鍋料理には欠かせない野菜の一つですね。
味噌汁にしても豆腐の薬味にしても、このネギを入れるだけで味が一段と美味しくなります。

風邪をひいた時にはネギ味噌が良いとか、首にネギを巻くという民間療法は知っています。今回の放送内ではもっと凄い効能を紹介する様なので、それは楽しみです。

また世界にはどんなネギがあって、そのネギを使った料理というのはどんな物があるのかも興味があります。

例えば、中国のある村ではネギを食べていたら、SARSが発生した時に誰一人感染しなかったそうです。
ネギにそんな凄い効能があるなんて考えた事もないですよね。
一体ネギをどう調理してどのぐらいの量を食べていたのかも、気になるところです。

それから他に、ネギの保存法についても放送されるようです。これからの時期にいいろいろ重宝されるネギ。長持のコツが分かれば、助かりますよね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。