ナイナイアンサー レンチン生姜と乳酸キャベツダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月8日(火)放送の『ナイナイアンサー』ラクやせダイエットでは、ショウガキャベツにひと手間加えるだけで、2週間でウエスト-8cmが実現するラクやせダイエット法が登場!作り方もとっても簡単。ダイエットに加えお通じもすっきり。しかも食事制限は不要!この記事では番組で紹介された2つの「ラクやせ」ダイエット食材の作り方についてまとめました。

スポンサーリンク



レンチンショウガで体質改善!食べても痩せる体に!

脂肪燃焼効果の高いラクやせ食材、一つ目はショウガです。

ただし、ショウガはそのまま食べるのではダイエット効果はほとんどありません。

ショウガは、加熱することで「ショウガオール」が発生。この「ショウガオール」が脂肪を燃やしてくれるんです。

ショウガオールとは?

ショウガオールとは、脂肪脂肪燃焼を促す基礎代謝を上げ、やせやすい体質を作る物質です。

ただしこのショウガオール、あまり高い温度で加熱すると消えてしまう性質を持っています。

つまり、普段作っているショウガ焼きなど、100℃以上で熱する料理だとショウガオールを摂取できないんです。

一番いいのは、電子レンジでチン(レンチン)すること。

ショウガをレンジでチンするだけで脂肪燃焼効果が約33倍にもなるんです!

レンチンショウガの作り方

  1. ショウガを繊維にそって1mm程度の厚さにスライス
  2. 耐熱皿に、ショウガが重ならないように並べる
    ※焦げるのを避けるため、ひたるくらい水に浸しましょう
  3. 家庭用レンジ 500wなら4分、750wなら3分で温める

作り方はこれだけ!

あとは火を止めたあとの食材に加えていただきましょう♪

※すりおろしても、チューブタイプでも効果は同じ。

 

スポンサーリンク



ショウガを食べることでやせやすい体質になる!

脂肪燃焼成分といえばカテキンが有名ですが、カテキンはあくまでも脂肪燃焼の手助けをするだけ。運動とセットで摂取することが必要です。

でも、レンチンショウガは食べるだけでOK。運動をしなくても体が温まり、脂肪を燃焼するので、正真正銘「食べることでやせやすい体質にしてくれる」食材なんです。

さらに効果アップ!ショウガココア

レンチンショウガはどんな料理に使ってもいいのですが、美味しくて簡単、しかも脂肪燃焼効果を高めてくれる方法があります。

それがショウガココア

ココアに小さじ1杯のレンチンショウガをいれるだけ!

ココアには血管拡張効果のカカオポリフェノールが豊富に含まれます。このカカオポリフェノールは、レンチンショウガと一緒に摂ると相乗効果があることがわかっています。別々に摂るよりなんと効果が3倍!

ただ混ぜるだけの超~簡単ダイエット!

これから寒くなる時期などは、ショウガココアで暖まりつつ脂肪も燃やせて一挙両得ですね♪

スポンサーリンク



乳酸キャベツで秘改善&美肌効果で痩せやすい体質に!

2つ目のラクやせ食材は、乳酸キャベツ

便秘対策として、腸内環境を整えるために乳酸菌がよいことは知られています。

ただ、「ヨーグルトや乳酸菌を摂ればいい」と思っている人が多いようです。

乳酸菌は動物性と植物性に分かれます。

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は摂取してもほとんどが生きて腸に届かないので、高い効果は期待できません。

植物性乳酸菌の乳酸キャベツなら、生きたまま多くの乳酸菌が腸に届くので、腸内環境の改善に高い効果を発揮してくれるんです。

さらに、キャベツの食物繊維も働いてくれます。体内に摂り込まれたキャベツは、水分を吸収し数倍~数十倍に膨張し腸のなかの老廃物をキレイにしてくれるんです。

これで消化吸収もよくなるので、美肌効果にも繋がるわけです!

乳酸キャベツの作り方

ダイエットと美肌、ダブルの健康効果をもつ乳酸キャベツの作り方をご紹介します。

  1. キャベツ半分を千切りにする
  2. 保存袋に入れ、塩を振る
  3. 袋の上から両手でもむ
  4. 余分な空気を抜いて、しっかり密閉する
  5. トレイに乗せ、キャベツの上にペットボトル(500mlを3本ほど)で重石をして、日影の常温で3日程度おけばできあがり

できたら冷蔵庫へ。冷蔵で1ヵ月は持ちます。

あとは普段の食事と一緒に食べるだけ!

 

乳酸キャベツは、関連本が10万部も売れている今話題のダイエット食材です。

レンチンショウガに負けず劣らず簡単で高い効果の乳酸キャベツ。

 

番組では、ニッチェの近藤くみこさんとSKE48の鎌田菜月さんの2人がこの2つの食材でダイエットにチャレンジしていました。

2人とも毎日の食事にレンチン生姜と乳酸キャベツを撮りいれて、食事内容は普段のまま。

お肉やお米、お鍋など、食べたいものを食べても、2週間後に鎌田菜月さんはウエスト-8cm、ニッチェの近藤くみこさんはウエスト-10.5cmを達成していました!

ぜひセットで日常生活に取り入れてみましょう!

 

 

おまけ:ミオドレ式ダイエット&ウエストほっそりダイエット

普通にやせたいなら、レンチンショウガと乳酸キャベツ。この2つだけで十分です。

でも、さらに体を絞りたい!という人向けに、次の2つのダイエット法も紹介されました。

ミオドレ式ダイエット

理学療法士の藤田英里先生が紹介

皮膚の奥にある脂肪を潰すイメージで強くもむ。

脂肪などが凝り固まったセルライトは、刺激を加えることでちいさくなる性質がある。

1日5~10分潰すようにギュッとつまむことで、セルライトを小さくしていくダイエット法です。

1日100秒でウエストほっそりダイエット

「腹筋博士」として知られる竹井仁教授が紹介。

  1. 右にひねり5秒止める。
  2. 左にひねり5秒止める。
  3. これを10回繰り返すだけ

胸より上と脚は正面を向いたまま動かさず、腰だけひねるのがポイントです。

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。