CSKAモスクワ移籍の西村拓真 チャンピオンズリーグ出場なるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モスクワ

CSKAモスクワ移籍の西村拓真、チャンピオンズリーグ出場なるか?

開幕が近づく今季(2018-2019)のヨーロッパチャンピオンズリーグ。

出場32チーム中、メンバーとして日本人3名が登録されたというニュースがありました。

 

その3名とは、香川真司(ドルトムント・ドイツ)、長友佑都(ガラタサライ・トルコ)、そして西村拓真(CSKAモスクワ・ロシア)。

 

私・・・正直なところサッカー詳しくないので、西村拓真の名前は初耳です。

でも、21歳という若さで海外に挑戦する若者ということで興味を持ち調べました。

スポンサーリンク

CSKAモスクワに移籍した西村拓真とは?

西村拓真は愛知県名古屋市出身のサッカー選手。

1996年10月22日生まれで身長は178cm。

ポジションはフォワード。

 

ベガルタ仙台に所属し3年目の今年 、J 1でブレイクを果たしています。

今季J1で24試合11得点を挙げており、得点ランキング4位。

日本人としてはトップタイという活躍。

 

ブレイクの年のシーズン中に移籍というのは、ベガルタ仙台のサポーターもおおいに驚いたことでしょう。

スポンサーリンク

西村拓真、高校では全国優勝を経験

西村琢磨は高校時代、富山一で2年次に選手権大会(第92回)で優勝を経験しています。

富山一高は富山県勢として初の全国制覇。

 

このときの決勝の相手は石川県の星稜高校で、北陸勢同士の決勝戦。

しかも改修前「最後の国立」で、2点差を跳ね返しての逆転劇というドラマでの快挙でした。

西村拓真のプレースタイルは?

西村琢真のフォワードとしてのプレースタイル、魅力は大きく分けて二つ。

 

一つめは、ペナルティエリアでのクロスに合わせた強力なシュート。

そしてもう一つはドリブルでの果敢な仕掛けによる突破力です。

 

ネットで西村拓真のプレイを評価する声を探してみたところ、次のような感想が目に留まりました。

  • 繊細とはいえないが、力強いプレーをする。
  • 元のボールの扱いもうまいし、何よりファーストファーストタッチがいい。
  • シュートもドリブルも強引ともいえる姿勢が魅力。

西村拓真の性格は?

高校時代からとにかく努力家として知られていたようです。

高校時代の監督も後輩たちに、「プロを目指すのであれば西村を見習え」と今でも言っているそう。

練習の虫で自分が納得いくまではグラウンドを離れず、遅くまで一人黙々と練習を繰り返していたそうで、そんなストイックさが現在のブレイクにつながったのに違いありません。

 

また、「謙虚」という言葉も彼の性格を物語るキーワードのようです。

昨年2017年のルヴァンカップでニューヒーロー賞を獲得しています。

でも、自分がそんな賞をもらえると思ってなかった。

これは期待を込めての「期待賞」と受け止めていると語っています。

 

さらに、普段はやや天然キャラの一面をもっているようです。

今回のロシア行きの空港では、パスポートを忘れたと勘違いして慌てる一幕も。

空港で彼を見送った友人たちからは「またやってるよ」的な言われ方をされていました。

スポンサーリンク

チャンピオンズリーグでの活躍に期待

チャンピオンズリーグ開幕直前での決断だった今回の移籍。

自分自身がもっと成長するための決断だったと述べています。

 

チャンピオンズリーグではCSKAモスクワは、レアル・マドリードやASローマなどと同じG組。

初戦は9月19日(水)深夜28時、チェコのヴィクトリア・プルゼニとの対戦です。

 

世界最高峰のチャンピオンズリーグで、21歳の若き日本人西村拓真が活躍する姿を期待しています!

(終わり)

SNSでもご購読できます。