スカッとジャパンのかわいい女優は?6月12日 恒松祐里!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【6月12日『スカッとジャパン』のかわいい女優は恒松祐里!】

毎週月曜日の夜7時57分からフジテレビ系列で放送されている『スカッとジャパン』

2017年6月12日の痛快TVスカッとジャパンの中の『胸キュンスカッと』のコーナーに出演される恒松祐里さんについて書きました!

スポンサーリンク

『スカッとジャパン』<恋の借り物競争>


今回の『胸キュンスカッと』のテーマは『恋の借り物競争』

高校の体育祭といったら青春真っ盛りのイベントが盛りだくさんありますよね!

そんな体育祭での胸キュンな出来事を、イケメン俳優の横浜流星さんとのコンビで出演される恒松祐里さん。

スポンサーリンク

プロフィール|恒松祐里

1998年10月9日生まれ。東京出身の18歳です。

両親が受けさせた子役のオーディションに合格して、子役としてデビュー。

2005年『瑠璃の島』が女優デビュー作で、まだ7歳でした。

2015年NHK連続テレビ小説『まれ』に出演。

2015年『5→9私に恋したお坊さん』では、主演の石原さとみさんの妹役で出演しました。

この時のエピソードで、本当は女装男子役でのオーディションに挑んだのが、結果妹役で合格したそうです!

そんな事もあるんですね。

2016年NHK大河ドラマ『真田丸』では、真田信繁の長女すえを演じました。

大物俳優さんが勢揃いの大河にもかかわらず、16歳から30歳までのすえを、落ち着いた雰囲気の中で演じきった恒松祐里さんには脱帽です。

スポンサーリンク

オーディションに挑み続け10年!


今はいろいろなドラマやCMに出演されて、『胸キュンスカッと』では、話題の女優さんになっています。

でも、7歳で芸能界デビューした後は、10年間に渡りオーディションに何回も挑戦しては落ちていた日々だったそうです。

なんだか凄い根性がある方なんですね!

もともと大人しくて、人見知りな性格を心配したご両親がオーディションを受けさせて芸能界に入った恒松祐里さん。

今はそんな性格だったのが嘘のように、リーダー気質で皆を引っ張っいくような性格だそうで、学生生活でも学級委員を務めるほど責任感が強いそうです。

自分に自信がもてた時って、人は変われるものなんですね!!!

こんな素敵な女優さんになった恒松祐里さんは、ご両親に感謝ですよね。

映画『サクラダリセット』にも出演!


今年2017年は早速映画『サクラダリセット』(上映中)にも出演。

この作品では特殊能力をもつという人物を演じています。

9月公開映画『散歩する侵略者』にも!


また、9月には黒沢清監督の『散歩する侵略者』という映画の公開が控えています。

この映画では初めてのアクションシーンがあるそうで、恒松祐里さんにとってまた新しい自分を発見した映画になったのではないでしょうか?

まだまだ18歳の恒松祐里さん。

どんな女優さんになっていくのか、のびしろが凄くあるだけに本当に楽しみな限りです。

そして、『胸キュンスカッと』の出演もまた、どんなシチュエーションで観ている人を引きつけてくれるのか、楽しみですね!


以上、【6月12日『スカッとジャパン』のかわいい女優は恒松祐里!】について書きました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。